FNCA

研究炉利用 ワークショップ

MENU
image

研究炉利用
 +  プロジェクト紹介
 +  プロジェクトリーダー
紹介
メッセージ


ワークショップ


プロジェクト・リーダーからのメッセージ


大槻教授の写真
大槻勤
京都大学複合原子力科学研究所
原子力基礎工学研究部門教授

 アジア諸国の研究炉について研究および技術の相互交流を行うことにより、アジアで必要とされている研究炉機能とその役割が明確化することが期待される。また、そのことによりアジア諸国の技術基盤の標準化や、アジア地域としての中性子そのものの利用およびRI製造利用等、より効果的な研究炉の役割も促進されると考える。また、これらの活動を通じて我が国の考え方や技術を広めることにより、アジア地域において研究炉の再構築が促進されるとともに、各国研究者・技術者の意思統一が可能となるような、「アジアにおける相互補完的な研究炉利用の構築」を図りたい。


page top↑

Forum for Nuclear Cooperation in Asia