FNCA

放射線加工・高分子改質

MENU
photo
プロジェクト紹介
 
プロジェクトリーダー
- メッセージ
- 紹介
 
電子線照射施設
ガンマ線照射施設
 
活動成果に関連した論文
リスト

 
放射線加工によるハイド
ロゲルおよびオリゴ糖類
の開発に関するFNCA
ガイドライン
(PDF)
オリゴキトサンのイネと唐辛子への利用に関するガイドライン(PDF)

ワークショップ

プロジェクト・リーダーからのメッセージ


玉田 正男
(国研)量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門
研究企画室
室長代理



 東南アジア諸国では、高分子の放射線加工技術の研究開発と産業応用が積極的に進められて来た。放射線加工技術の放射線源としては主としてコバルト-60 (γ線)が用いられているが、産業応用のためには効率の良い電子加速器の利用が必要である。特に低エネルギー加速器は初期投資が小さく、放射線利用の普及に適している。( 本プロジェクトではアジア地域で大量に確保できる天然高分子の放射線加工処理の研究開発と産業応用をターゲットにしている。海洋生物から得られるキトサンなどの多糖類を植物の生長促進剤に利用する、放射線橋かけによりハイドロゲルを合成し医療や環境分野へ利用するなど、応用にむけた利用分野の拡大が期待できる。本プロジェクトの結果がアジア諸国での放射線利用の普及に役立つことを願っている。


page top↑

Forum for Nuclear Cooperation in Asia