FNCA

放射性廃棄物管理 workshop

MENU
image
プロジェクト紹介
 
プロジェクトリーダー
- メッセージ
- 紹介
 
以下、英文
RS&RWMニュースレター
RWM統合化報告書
新版(004)旧版(001)
RS統合化報告書(PDF)
EPR統合化報告書(PDF)
タスク活動報告書
使用線源管理(PDF)
添付ファイル(PDF)
TENORM
廃止措置とクリアランス

ワークショップ


FNCA 1999 放射性廃棄物管理 ワークショップ

FNCA Workshops and Seminars (up to FY1999)



ワークショップ開催期間
 1995年〜1999年度……計5回開催
内容と成果
●1995年度
(日本)
各国の放射性廃棄物管理における情報交換が図られた。また、放射性廃棄物管理のアンケート調査結果について、法整備や情報の経験交流、人材要請等の討議が行われた。
●1996年度
(マレーシア)
放射性廃棄物管理に関わる概念、国際基準の適用、管理技術の研究開発状況について討議が行われた。
●1997年度
(中国)
各国のとりまとめの窓口としてコンタクト・パーソンが設置された。
ニュースレターの発行が合意された。
特定テーマ「使用済み密封線源の処理、安全評価」、「廃棄物発生量の最小化」のサブ・ミーティング開催の提案がなされた。

  1997年中国北京市で放射性廃棄物管理ワークショップ開催   1997年中国北京市で放射性廃棄物管理ワークショップ開催  
  1997年中国北京市で放射性廃棄物管理ワークショップ開催  
●1998年度
(タイ)
放射性廃棄物管理の最近の動向、研究開発、国際基準、安全性等について報告がなされた。
放射性廃棄物管理の情報ネットワークを構築していく。
(ホームページやニュースレター、データ・ベース等利用)。
●1999年度
(フィリピン)
各国の放射性廃棄物管理の進捗状況が報告され、これまでの情報交換活動が共通認識の向上に寄与したことが確認された。
初めて「使用済み密封線源の管理」、「低レベル放射性廃棄物のクリアランスレベル」のサブ・ミーティングが開催された。
 

page top↑

Forum for Nuclear Cooperation in Asia